menu
  1. 歯並びは矯正歯科でよくするもの
  2. インプラントで歯を取り戻すことができる
  3. 審美歯科のホワイトニングで歯が白くなる理由
閉じる

インビザラインで気軽な歯列矯正が実現

インビザラインとは、ワイヤーを使用しない「見えない歯列矯正」のことを指します。
透明で取り外しが可能なマウスピースを順次装着していくことで、徐々に歯列矯正を進めていきます。
クリアアライナーは約2週間で新しいものに交換し、綺麗な歯並びを作ることができます。
インビザラインであれば透明な素材を使用するので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができるのです。
インビザラインで歯並びを整えると透明で目立たない為、自分から言わない限りは誰も歯列矯正を行っていることに気づかないでしょう。

また、取り外しが出来て衛生的で快適に過ごせるのも特徴です。
マウスピースは簡単に取り外しが可能で、食事もそれまでと同様に摂ることができます。
歯磨きやフロスも普段通りに使用でき、口の中を清潔に健康的に保つことができるのです。
マウスピースは手軽に洗うことができるので、常に清潔な状態を保てます。

インビザラインは1つのマウスピースで動かす歯の移動量が0.25mmと定められていて、過度な力がかからないように配慮されているので、従来の強制装置と比較して痛みが格段に少ないという特徴があります。
さらに、ワイヤーやブラケットは使用しないので粘膜に傷をつけることがほとんどなく、口内が荒れることも少ないです。
また、マウスピースはプラスチック素材なので、金属アレルギーを引き起こす心配もありません。
そのため、金属アレルギーの人でも安心して歯列矯正を受けることができるというわけです。
装着がしやすく日頃の多忙なライフスタイルにも影響が出にくいというメリットもあります。

従来の矯正治療では歯にワイヤーを装着して行うのが普通でしたが、1997年にアメリカでインビザラインが開発されて以来、世界中の歯科医院で導入されて現在では受診者も増えています。
インビザラインでの歯の動かし方は1つの装置で0.25mmと一度に動かす量が少ない為、痛みが出にくく連続性が高く、精密なものであると言えます。
インビザラインでは歯茎まで覆うことはないので、違和感が少なくて発音もしやすく快適に過ごせるのが人気の理由でしょう。
3Dシミュレーションで仕上がりのイメージがしやすく、治療の期間が把握しやすいのも大きなメリットです。
このようなことから金属アレルギーの人はもちろん、歯並びを治したいけれどワイヤーを着けるのには抵抗があるという人や矯正装置を入れると手入れが面倒そうという人におすすめな歯列矯正であると言えます。

関連記事
おすすめ記事
  1. 審美歯科のホワイトニングで歯が白くなる理由
  2. 歯並びは矯正歯科でよくするもの
  3. インプラントで歯を取り戻すことができる
ピックアップ記事
  1. インビザラインとは、ワイヤーを使用しない「見えない歯列矯正」のことを指します。透明で取り外しが可…
  2. 歯列矯正は子供に対しても良く行われています。一方、実際に受けさせる判断をしても、いつの時期が良いの…
  3. 歯は本来は白い色をしているものですが、年齢を重ねていくことによる劣化に加え色素の強い飲食物の影響で着…
  4. 出っ歯など、歯の並びが悪いと見た目が芳しくないだけでなく、さまざまなデメリットを引き起こします。…
  5. 歯周病で失った歯を取り戻すならインプラント治療を受けるのがオススメです。さらに言うならインプラン…
ページ上部へ戻る