menu
  1. 審美歯科のホワイトニングで歯が白くなる理由
  2. 歯並びは矯正歯科でよくするもの
  3. インプラントで歯を取り戻すことができる
閉じる

歯医者で子供の歯列矯正を実施する時期とは?

歯列矯正は子供に対しても良く行われています。
一方、実際に受けさせる判断をしても、いつの時期が良いのか分からないことがあります。

子供の歯列矯正を始める時期は、歯医者によっても考え方が異なります。
まず、時期が早いほど効果的であるとする歯医者があり、費用の安さもメリットに掲げています。
次に、あまりに早い矯正は効果が得られないとしている歯医者があり、例えば、3~6歳程度の小さい子供では失敗につながるとの指摘もあります。
受ける際には歯医者に事前に相談をするなど、状況に合わせて判断をすることが大切です。

子供の歯列矯正には大きく、第一期治療と第二期治療の2つがあり、第一期がベストな時期となります。
第一期治療は個人差はあるものの8歳から12歳の時期が該当し、乳歯が徐々に永久歯に生え変わる時期をさします。
メリットは生え変わりを利用して歯並びを正せることがあり、効果も大きく、無理なくスピーディーに矯正をすることができます。

第二期治療は乳歯から永久歯へと生え変わった12歳以降の時期になります。
第一期治療に比べて効果は薄れるものの矯正は十分に可能であり、対象年齢が上がることで治療方法の選択肢が増えるというメリットもあります。

歯列矯正の方法にはいくつかの種類があり、かかる費用も異なります。
第一期治療と第二期治療によって選ばれる方法が異なり、具体的には、第一期治療では顎を矯正するプレートやマウスピースが使用されます。
第二期治療は大人と同様の治療内容になり、ブラケット矯正を中心とした施術となります。

歯列矯正は器具を装着することで歯並びを治していきます。
例えば第一期治療によく使用されるマウスピースは、顎の骨が柔らかい時期に行うために大きな効果が期待できる方法です。
取り外しができるなど子供への負担も少なく、中でもムーシールドは10万円程度と低額で、就寝中に装着するだけで矯正を行うことができます。
第二期治療で用いられるブラケットによる方法は、ワイヤーで歯列矯正を行います。
難点は他からワイヤーが見えてしまうことがあり、精神面で負担を与えてしまう場合もあります。
ただ、最近では、ブラケット矯正でも目立たない方法も使用されています。

子供の歯列矯正は、概ねの年齢に拠る時期はあるものの、あくまでも目安であることを理解しておくことが大切です。
生え変わりの時期も子供によってズレがあり、状況によっては早めに矯正が必要となるケースもあるために、歯医者との相談をしながら進めていく必要があります。

関連記事
おすすめ記事
  1. 審美歯科のホワイトニングで歯が白くなる理由
  2. 歯並びは矯正歯科でよくするもの
  3. インプラントで歯を取り戻すことができる
ピックアップ記事
  1. インビザラインとは、ワイヤーを使用しない「見えない歯列矯正」のことを指します。透明で取り外しが可…
  2. 歯列矯正は子供に対しても良く行われています。一方、実際に受けさせる判断をしても、いつの時期が良いの…
  3. 歯は本来は白い色をしているものですが、年齢を重ねていくことによる劣化に加え色素の強い飲食物の影響で着…
  4. 出っ歯など、歯の並びが悪いと見た目が芳しくないだけでなく、さまざまなデメリットを引き起こします。…
  5. 歯周病で失った歯を取り戻すならインプラント治療を受けるのがオススメです。さらに言うならインプラン…
ページ上部へ戻る